カードローンとキャッシングの経験

私は高校を卒業してから会社員として働き始めて、20代前半のころにカードローンとキャッシングを両方利用しました。カードローンとキャッシングをした経緯ですが、当時の私は趣味が車やバイクの改造でした。最初のうちは給料の中から余裕がある分でしておりましたが、高卒での給料だと満足にカスタムをしたりはできず節約できるところはしたりしてやっていました。

ですが、ある日車の部品をクレジットカードのカードローンを利用して購入しました。ローンを組むということに対する抵抗などよりは、今まで高値だったので諦めていた車の部品が手に入る嬉しさがはるかに上回っていました。

その頃から少しずつクレジットカードの使いすぎもかさみ毎月の返済もしんどくなって来たのでリボ払いを選択し毎月決まった額の返済を行いました。そうすると少ししか返済できないのでクレジットカードの利用残高が毎月数千円だけという日々が続きました。

いままでクレジットで色々なものを購入していたのにそれができなくなってくると毎日が物足りなく感じ始めました。そんなときに自分の持っているカードにキャッシング枠があることを知り早速ATMで使用してみました。すると当たり前なのですが一旦まとまったお金が手に入るのでふたたび私は以前のような生活に戻りました。

その頃から結婚を考え始めましたが最後の最後まで彼女であった今の妻にはなかなかローンのことを伝えられませんでした。どこか後ろめたさのようなものが一気にこみ上げたのだと思います。結局結婚してから貯めたお金で一括返済するという話し合いの結果になり、今では無事に払い終わりました。

カードローンやキャッシングに対する私の気持ちは抵抗がなくなるというよりかはもうできることなら頼らずに暮らしていきたいと思うようになりました。私は使い方が極端だったのかなと思います。ローンやキャッシングも上手に付き合っていければ心強い助けになってくれるときもあるのかもしれないなと思ったりもします。